ケムン工法(大臣認定工法)

ケムン(Kaiten Milk Negatame)工法は、掘削ビットの先端から水、または杭周固定液を注入しながら掘削撹拌し、所定深度に達したら所定量の根固め液を注入して根固め球根部を築造します。次いで、杭周固定液を注入しながら掘削撹拌シャフトを引き上げ孔中に杭を挿入し、自沈又は回転によって杭を所定の位置に設置しています。

Hyper-ストレート工法(大臣認定工法)

Hyper-ストレート工法は、オーガーにより地盤を先行掘削した後に根固め液及び杭周固定液を注入し、杭を自沈又は回転によって所定支持層に1D以上挿入する工法です。オーガーヘッド、スクリュー、撹拌ロッド及び連結ロッドなどで構成される掘削撹拌装置を使用し施工します。また、施工時に施工管理装置を用いることで、根固め球根部の築造管理や支持層管理をリアルタイムで行います。

セリファーFX工法(大臣認定工法)

セリファーFK(CEREFO Functional Knotty)工法は、撹拌翼を有するロッド、あるいはスパイラルオーガーの先に取り付けたオーガービット先端から、掘削液を注入しながら所定径の孔を掘削撹拌します。設計杭先端深度まで到着した後、孔内で掘削ロッドを上下反復させ、掘削液を根固め液に切り換えて所定量を注入します。その後、杭周固定液を吐出させながら掘削ロッドを引き上げます。このようにして、所定量の充填液を注入した掘削孔に杭を自重埋設、または回転埋設により所定の深度に設置する工法です。

MRX工法(大臣認定工法)

MRX(Milk Revolution X files)工法は、掘削ビット(杭径+100mmと拡大翼を備える撹拌拡大ロッド(改良軸部径+150mm以上)及び拡大翼の開閉が確認出来る確認装置を用いて掘削し、地盤に応じた所定の速度で杭周改良液を所定量注入しながら掘削撹拌してソイルセメントと改良柱体を築造します。
所定改良深度に達したら、先端固定液に切り換え、拡大翼を開かせ上下に反復し、改良拡大部を節型状に築造します。
築造が完了したら、拡大翼を閉じ、撹拌拡大ロッドを引き上げ、先端開放型の既製コンクリート杭を自沈又は回転によって所定の位置に設置します。

MRXX工法(大臣認定工法)

MRXX(Milk Revolution XX Files)工法は、杭先端径+50mmのMRXX工法専用掘削拡大ビット(A型、B型)を使用し、地盤に応じた方法で所定深度まで掘削撹拌します。その後、油圧装置により掘削拡大ビットを開翼させ、上下反復及び根固め液(W/C=55%)を注入し、拡大根固め球根を築造します。掘削拡大ビットを閉翼後、杭周固定液(W/C=80%)を注入しながら引き上げ、掘削孔を築造します。その後、杭先端に特殊金具と溝を有する先端開放型のST杭を所定位置に設置します。
MRXX工法は、高い支持力を得る工法です。また、拡頭杭を用いるType IIもあります。

セメントミルク工法

セメントミルク(Cement Milk)工法は埋込み杭の草分け的工法であり、開発当初より数多くの実績があります。
あらかじめスパイラルオーガーで杭孔を支持地盤まで掘削しておき、先端部には根固め用のセメントミルクを、その上には杭周固定液を所定量注入します。この掘削孔に杭を挿入し、圧入または軽打して杭先端を支持層に確実に定着させます。

杭頭補強筋

パイルスタッド工法(建築技術審査証明取得)

杭頭端部鋼板に接合用鉄筋として、パイルスタッド鉄筋(KSW490)をスタッド溶接する工法です。

NCPアンカー(建築技術審査証明取得)

杭頭端板のねじ孔に、NCPボルトを螺合した後、緊張力導入用NCPカプラーを締め付けることによってNCPボルトのねじ部に緊張力を与え、杭頭端板とボルトを確実に接合します。 このNCPボルトを杭頭とフーチングの接合用のアンカー鉄筋として用いるプレテンション方式の機械式継手工法です。

フレアー溶接(建築技術審査証明取得)

鉄筋同士、または鉄筋と鋼板をアーク溶接により接合する溶接継手工法です。

杭抜き

杭抜き工事

ラフターにケーシ ングを装備して、杭周を削孔し、縁が切れた後、本体機もしくは相判機にて既存杭を引き抜きます。
※杭径、現場状況に応じて施工重機や装備、工法は変わります。

DHH

ダウンザホールハンマー(DHH)

シリンダーライナー内のハンマーピストンが圧縮された空気により往復運動しハンマーピストンが直接ビットを打撃します。
ハンマーの打撃により、ビット先端部に取り付けた超硬チップで岩石を細かく破砕しながら掘削します。

工法説明 : 株式会社トーヨーアサノ 総合カタログより一部抜粋